静まった閉館後の「しながわ水族館」(東京都品川区)。体長約3メートルのサメ「シロワニ」2匹が展示されている水槽の清掃作業が始まった。 水槽内に潜るのはシロワニ担当の福井正志さん(34)。この水槽に潜るのは今回が初めて。事前に普段の倍の約11キロのニシンやイカの餌で落ち着かせる。ステンレスの鎖を組み合わせた「シャークスーツ」をまとって身を守る。重さは約8キロ。盾も用意した。 約1時間の潜水作業を終えた福井さんは「わかっていても、やっぱり怖かった」。(恵原弘太郎)