雪組男役の綾凰華(あやおうか)が、「オペラ座の怪人」を元にしたミュージカル「ファントム」の新人公演で主演を務める。「最後の新人公演なので、身を引き締めています。(入団から)7年間の集大成をお届けできたら」と目を輝かせる。 兵庫県宝塚市生まれ。4歳からバレエを学び、歌劇好きの母と祖母の影響でタカラジェンヌを志した。2012年に入団、昨夏に星組から雪組に組替えした。 新人公演でトップ望海風斗(のぞみふうと)の役を務めるのは今回が3度目。ただ、過去2回は舞台を楽しむ余裕がなかったという。「今回は精いっぱい取り組んだ上で、楽しみたい」と話す。 望海からは化粧やセリフの言い方など、常にこまやかな助言をもらってきた。「余すことなく教えていただき、幸せを感じています。稽古あるのみです」 今回、オペラ座の地下に潜む怪人・ファントムを演じる。「子どものまま大人になったような印象。でも、子どもっぽくはしたくない。そこが難しい」。小説や映画に触れて役のイメージをふくらませ、「心が温かくて優しい人なんじゃないかなとも思う。絶望の中で懸命に生きている姿を表現できたら」と話す。 以前は休日も公演のことばかり考えていたが、最近はオンオフの切り替えができるようになってきた。「煮詰まっていた約3年前、気分転換をしたいと思って料理を始めました。この間はグラタンを。作っているとき、すごく無心になれるんです」(杢田光)