日本郵船社員の守谷慧(けい)さん(32)との結婚式を29日に控えた高円宮家の三女絢子さま(28)が26日午前、皇室を離れることを神前に告げる儀式「賢所皇霊殿神殿に謁(えっ)するの儀」に臨み、皇居・宮中三殿に拝礼した。午後には宮殿で天皇、皇后両陛下に感謝の言葉を伝える「朝見(ちょうけん)の儀」が行われる。 午前10時過ぎ、賢所の回廊に進み出た絢子さまは、おすべらかしの髪形に、祖母の三笠宮妃百合子さまが大正天皇の妻・貞明皇后から贈られた赤色の小袿(こうちぎ)などを着用し、檜扇(ひおうぎ)を手に、ゆっくりと歩いた。母の高円宮妃久子さまや姉の承子さま、ほか皇族方が見守る中、皇祖神をまつる賢所、歴代天皇・皇族をまつる皇霊殿、八百万(やおよろず)の神をまつる神殿の順に拝礼した。その後、皇族方や宮内庁職員らが庭上からそれぞれ拝礼した。 結婚式は、29日午前11時半から明治神宮で行われる。(多田晃子)