25日朝、名古屋市中川区中京南通3丁目のパチンコ機器製造・開発会社「高尾」の車庫で、社長の内ケ島正規さん(39)=同区尾頭橋3丁目=が血を流して倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認された。愛知県警は殺人事件と断定し、中川署に捜査本部を設置した。 捜査本部によると、内ケ島さんはスーツ姿で、社屋1階の車庫内で発見された。遺体には、首と腹に刃物でつけられたような複数の傷があり、抵抗した際にできたとみられる傷もあった。付近には大量の血が流れ、車庫から会社事務所へ続く通路には数メートルにわたって血痕が残されていた。 車庫内には、内ケ島さんが使う会社名義の乗用車が止められており、遺体は車体後部の下で見つかった。体の左側を下にした状態で、遺体の近くには凶器とみられる刃物1本が見つかったほか、車のそばには内ケ島さんのかばんや携帯電話が残されていた。 25日午前7時35分ごろ、内ケ島さんが倒れているのを、会社の警備員の男性(37)が発見し、110番通報。名古屋市消防局によると、発見時には死後硬直が始まっており、死亡から少なくとも数時間が経過していたとみられる。内ケ島さんは24日朝に出社し、終業後の同日夜から25日朝に殺害されたとみられる。 現場は、名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)の小本駅から東に約1キロの住宅や会社事務所などが並ぶ地域。県警は情報提供を募るフリーダイヤル(0120・110・238)を設置し、24時間態勢で対応する。