世界に売り込める日本のドラマを選ぶ「東京ドラマアウォード2018」の授賞式が25日、都内のホテルであり、作品賞連続ドラマ部門で「おっさんずラブ」(テレビ朝日)がグランプリを獲得した。今作で田中圭さんも主演男優賞を受賞した。田中さんは「面白いドラマになってよかった。(撮影中も)楽しんでいたし、楽しい思い出しかない。それでグランプリ。チームワークがよかった」などと喜びを語った。 田中さんが演じた33歳の主人公・春田創一(田中)は、モテとは無縁だったが職場の上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩の牧凌太(林遣都)から告白される役どころ。同性からの好意に抵抗していた春田だが、2人の思いを受け止めるうち、人を愛することと向き合っていく物語だ。 本作からは吉田さんも助演男優賞を受賞した。吉田さんは「今回、僕、ヒロインということで(出演の)話をいただいて、最初はどうなるかと思ったが、田中圭君を愛して好きになっていけば、この役ができるんだなと気づいた」などとスピーチ。すると田中さんも「僕も現場にいるみんなの愛をずっと受けていればよかった役なので、気持ちよく楽しくやらせてもらった」と応じた。 このほか、法医学の世界を舞台…