「ムンク展」が上野の東京都美術館で開幕するのを前に、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二さんが25日、会場を訪れ、ムンクの代表作「叫び」の人物になりきった写真を披露し、本物との対面を果たした。「世界的な名画のパロディーをさせてもらって光栄です。実物を初めて見ましたが、絵の放つエネルギーを感じてテンションが上がりました」と話した。 27日に開幕する「ムンク展――共鳴する魂の叫び」では、オスロ市立ムンク美術館所蔵の「叫び」(厚紙にテンペラ・油彩)が初来日したことが話題になっている。 小峠さんは今月初め、顔に緑のメイクを施し、手の位置や腰のひねりにこだわり、約2時間かけて「なりきり作品」を撮影した。この日は「頭がはげているという一点で起用されたんでしょうね。腰のくねりがいいでしょう。何なら後ろの本物と入れ替えてもいいくらい」と笑いを交えて感想を話した。 展覧会について、「大雑把に見えて、近くで見るとすごく繊細な作品ばかり。特に初来日の『叫び』はこの機会を逃したら、いつ見られるか分からない。ぜひ会場で絵のパワーを感じて欲しい」と語った。 小峠さんはまた、展覧会と連動した、自分だけの「叫び」を描くことができるお絵かきサイト「ドロー! スクリーム(「叫び」を描こう)」」(https://drawscream.jp/小峠英二さん「叫び」なりきる 撮影2時間、自慢の出来)で作成した、小峠版の「叫び」も披露した。浮世絵風の背景を用いて、「ピンクの叫び」を描き上げた。「絵心がないので恥ずかしい」と照れていた。 「ドロー」ではまず、「叫び」の舞台となる橋と背景の空・海を、ポップアート風、浮世絵風などからそれぞれ選ぶ。次いでパレットが絵の具を選んで主人公を描いたり、背景に描き加えたりする。油絵感覚で、絵の具を混ぜたり重ねたりすることも自由自在。完成した作品はSNSでシェアするほか、東京都美術館内の特別な額に映し出すこともできる。 また、作品は後日、サイト内のギャラリーに「展示」される。現在、東京芸術大生らによる作品も並んでいる。     ◇ 「ムンク展――共鳴する魂の叫び」は10月27日[土]~2019年1月20日[日]、上野の東京都美術館企画展示室。午前9時30分~午後5時30分(金曜と11月1日[木]、3日[土][祝]は午後8時まで)。月曜と12月25日[火]、1月1日[火][祝]、15日[火]休室(11月26日、12月10日、24日、1月14日は開室)。 一般1600円など。問い合わせは、ハローダイヤル(03・5777・8600)。詳しくは、展覧会公式サイト(https://munch2018.jp小峠英二さん「叫び」なりきる 撮影2時間、自慢の出来)。