2020年フットサルワールドカップ(W杯)の開催地を決める国際サッカー連盟(FIFA)の評議会が26日夜(日本時間)、ルワンダ・キガリで開かれる。日本は愛知県を開催地として立候補している。県内にはフットサルの「聖地」として知られる競技場があり、地元は期待を高めている。 フットサルW杯は1989年から開催され、2020年で9回目。24カ国が参加し、開催地は日本、イラン、ニュージーランド、リトアニアの4カ国から選ばれる。 日本代表は、12年のW杯タイ大会で16強入りしたが、16年のW杯コロンビア大会は予選を兼ねたアジア選手権で出場権が得られる上位5チームに入れず、出場を逃した。今年2月に台湾で開かれたアジア選手権では、決勝でイランに敗れ、準優勝している。 今月、アルゼンチンで開催され…