奈良の興福寺で伽藍(がらん)の中心をなす中金堂が、江戸時代の1717年に火災で焼失してから約300年ぶりに再建された。作家、澤田瞳子さんの新刊「龍華記(りゅうかき)」(KADOKAWA)は、その落慶を記念して書かれた歴史小説。平安時代末期の興福寺を舞台に、平家による南都焼き討(う)ちと以後の復興を生々しく描く。 平家が栄華を極める1180年。高貴な出自でありながら、武装し寺を守る悪僧として興福寺に身を置く範長(はんちょう)は、平家が南都の弱体化を狙って派遣してきた役人らを殺(あや)めてしまう。それが、南都に火を放たれるきっかけになるとも知らずに――。 奈良時代の疫病をテーマにした前作「火定(かじょう)」(PHP研究所)など、「元々ずっと古代の小説を書いてきて、いつか中世をやりたいなと思っていた」と澤田さん。なかでも古代から中世への変革期に強い興味を持っていたという。 「いま歴史小説では幕末と戦国が人気じゃないですか。それは時代が終わって、時代が始まるときだからだと思うんです」。南都焼き討ちも、平家滅亡への潮目を変えた歴史の転換点。資料の少なさや扱いにくさから「この時代の小説は本当に書かれなくなりましたが、非常に面白い話がいっぱいある」と言う。 本作は「平家物語」を下敷きに…