シリアで3年あまり行方が分からなくなっていたフリージャーナリスト安田純平さん(44)が解放されたとの情報が23日夜、日本政府に入った。突然の朗報から一夜明け、両親は報道陣の取材に応じ「よく頑張った」と述べ、無事な帰国を願った。 安田さんの父英昭さん(78)と母幸子さん(75)は24日朝、埼玉県入間市の自宅前で報道陣の取材に応じた。 「とにかく3年間、よく頑張ってきたということに尽きる。それだけです」。英昭さんがそう言うと、幸子さんも「私も同じ気持ち。とにかく頑張って良かった」と続けた。 昨夜は安田さんの妻からの電話でテレビを見るように促され、各局を見ながら新たな情報を待っているうちに朝になってしまったという。幸子さんは「心配で眠れなかった」と疲労を隠せず、時折ハンカチで涙をぬぐいながら語った。 幸子さんは、安田さんの消息が分からなくなってから毎日、家事の後に、無事を祈りながら折り鶴を折ってきたという。「こんなことしかできないけれど、とにかく祈るしかない日々だった」。その数は1万羽を超えた。 英昭さんも疲労の色が濃い様子で「皆さんに迷惑をかけて申し訳ない」と繰り返しつつ、「身元確認の情報がないのでまだ心配。元気な姿が早く見たい」と再会を待ちわびていた。(羽毛田弘志)