この映画への出演オファーを受けたとき、不意打ちを食らって殴られたように、気が遠くなりかけたという。 「恩師」と仰いだ映画監督、いまは亡き若松孝二の役を演じる機会がめぐって来るなんて、冗談でも想像したことすらなかったからだ。 「話を聞いた瞬間、それだけは…