エテルナの1948シリーズはもう1度腕時計を刻みます
1948年、スイスの時計のブランドEterna(エテルナ)は5玉のベアリングシステムを発明して、このEterna自分の開発した技術はスイスの時計業のために重大な貢献を持ってきて、同じく啓発してそれ以後の自動的に鎖のチップ設計に行きます。エテルナの腕時計がこの革命的性質の技術を配備した後に、みごとに国際時計業のを獲得して賞賛して、エテルナに国際に名を揚げさせます。いまどきになって、復刻版の“1948”のシリーズはブランドの製表の技術を引き続き受けてその通りにして、更に2種類の時計の文字盤の風格を出して、腕時計の外形は均整が良くて流麗な線設計を採用して、その独特の風格がある風采に突き出ます。

1948–画期的な発明

1948年、エテルナ自動的にの上で鎖のチップの技術設計の上に重大な突破があって、ブランドは5玉のベアリングシステムを発明して大いに振動の重さを緩和してあるいは陀とベアリングセンターの摩擦力を並べます。エテルナの新技術は腕時計のチップのバイタルエリアの磨損の機会を下げて、延長してすべての腕時計の時間を製造しますが、しかしその実用寿命を延長することができて、自動巻き腕時計の丈夫さと価値を増加します;当時、エテルナのこの技術は特許を得て、更に時計業に対して発展して影響がはかり知れません。

エテルナは自分の技術の長所を理解して、技術をかぶせて製品ごとに入ります。ルイ・ヴィトン時計スーパーコピー管理者もチャンスを逃がさないで、そのシンボル的な技術を今のブランド–5粒のボールを表しに変わります。

“1948”のシリーズは全世界に引率します

ごく短い何ヶ月の内で、“1948”の腕時計のシリーズは迅速に全世界を風靡して、数字の高さを販売して、“1948”の腕時計のシリーズをエテルナのヒットの製品にならせて、業績が並外れています。数年来、“1948”のシリーズは依然として消費者支持を受けて、販売して何度も新記録を樹立します。

“1948”はこのように光り輝く歴史を創造して、道理でエテルナはそのために復刻版を出して、新しく設計するのがシンプルできちんとしていて、新生代のの“1948”を演繹します。

2012年–新しい“1948”の継続がすばらしいです

新しいシリーズは自動的に鎖のチップに行ってボール型のベアリングシステムを付けてありを利用して、すばらしい“1948”に向って敬意を表します。その直径の44ミリメートルの光沢加工のステンレスが殻を表す上に、5本のねじは底をしっかりと施錠してかぶせてサファイアのクリスタルガラスの窓口を付けてあって、突然画期的な優雅な設計を現します。“1948”のシリーズは銀色あるいは太陽の紋様の針金をつくる黒色の表面を出して、ロジウムメッキの中で時計の針と分針を置いて、期日6時に位置を設けるのを表示して、付けてあって磨損のサファイアのクリスタルガラスを反射して抵抗するを防いで保護を行って、更に現すのが高貴です。