シャネル(Chanel)のJ12月相の腕時計
Chanelがみごとにハイテクに陶磁器は表を作成する界のこの上ない流行が思いをと優雅な感与えるそうである人がいます。2000年にJ12は初めて見得を切て、ハイテクの陶磁器を形作って貴重で高尚・上品な表を作成する材質になって、そのためJ12も国際メディアに広範に称賛させられて“21世紀の第一モデルのシンボル的な腕時計”になられます。2003年、J12は初めて1匹の全く白い陶磁器の腕時計を出して、また1波の白色の腕時計の新しい1章を開きました。2011年、J12は再度先に計画を独創してChromaticチタンの陶磁器の材質を研究開発しだして、陶磁器のが抵抗するを陶磁器のしなやかな材質を拭いてと完璧に結び付けるのにそります……

やはりやはり(それとも)Chanelは最も女をわかります。パテック・フィリップスーパーコピー彼女が古今東西のどれだけの佳人に精通してすべて月の許美の望むコンプレックスに対して暇をあけるのがあって、古い今なお月からどのくらい思い合ってと恋い慕いを積載して、今回はまた月の運行する軌道をJ12時計の文字盤まで(に)移して、佳人に手首の間でじっと見つめるのでさえすれ(あれ)ば、しかし便は月人は共に離れられません。

月相の概念に関してこのでまた(まだ)簡単に詳しく説明したいです:地球の唯一で天然の衛星として、月は永久不変のスポーツの中があって、その上そのスポーツと地球は密接な進化関係を持っています。月が毎日西東へ運動する一大段の距離から地球を巻きに従って、月と地球間の位相はいつも変化が発生していて、そのため私達の地球の上で見た月の形は“三日月”から“上弦の月”まで(に)“生後満1か月の祝い”が“次の弦月”まで(に)まで(に)また“三日月”の週間往復する運動周期に帰りが現れます。周期ごとに約29.5日。調べて差し上げる月相の周期表を表しに従って前回生後満1か月になった期日を確定して、道具で抑えつけて8時に位置のが学校のボタンを加減して、月相皿の上の蛇形のポインターまで生後満1か月の祝いの位置を指します。前回から生後満1か月になって今まで共に何日間を経験するかを計算して、それから相応する数の2倍の回数によって抑えつけるのが学校(原理を加減するすべての月相周期29.5日59の歯の順番に当たる板で回転して1週間実現を取るので、そこで2つのハンドルは1日)を代表します。