2014バーゼルプレビュー之オメガの腕時計
SIHHのが幕が下りるのに従って、友達達の眼光を表してまた3月の世界最大の国際時計展―バーゼルの時計展に転向するのを始めます。今年オメガは3つのシリーズの腕時計を携えてバーゼルの時計展に進駐するでしょう:セイウチのシリーズ、とてもシリーズと星座のシリーズを奪い取ります。

全く新しいオメガのとてもシリーズを奪い取るMarkII腕時計は1969年の1モデルの腕時計に基づいて改造して来たので、この年もオメガの宇宙飛行士がオメガを付けてとてもシリーズProfessionalを奪い取って初めて月に上がるで、そのためもために表して“ボスを超えて月の時計に登る”の名誉を勝ち取りました。全く新しいとてもはシリーズMarkIIを奪い取ってオメガの両軸の自動チップ(Caliber3330)を採用します.

オメガの星座のシリーズはずっと優雅な控えめの設計の2で広大な女性の消費者の好感に着きます。カルティエスーパーコピー2014バーゼル展の出すPluma腕時計のためにオメガの傑出している機械のチップ技術と精巧な技巧に解け合って、優雅な流行に現れ出て味わいます。

この腕時計の直径は27ミリメートルで、真珠の雌の貝の時計の文字盤を採用して、2種類の色は選ぶことができます:天然の白色と青い。シンボル的だのの“爪を頼む”を閉じ込めてやさしい波紋の図案が現れるのを表して、徐冒筋模様と同じに、Plumaはラテン語の中で“羽”のイタリアです。

この腕時計はオメガの革命的性質の8520軸のチップを搭載してと、安定させるのが非凡で、防水の深さは100メートルに達します。オメガはこの腕時計のために4年続くアフターサービスを提供します。

第3モデルの腕時計はオメガのセイウチのシリーズのダイダイ色の陶磁器の腕時計で、艶消しを通ってと処理する43.50ミリメートルのプラチナの金の950の多い阿のパークを売り払いを採用して、GMT24時間の目盛りの双方向に付いていて回転して小屋を表しによく合って、閉じ込めたのを表してダイダイ色の陶磁器の輪を投げてオメガの全世界のために創始します。

時計の背負うサファイアの鏡映面を通してはっきりしているのがオメガの8615軸のチップが見えることができてと、このオメガだけある機械的なチップはSi14を搭載して並べて空中に垂れる糸に順番に当たります。

時計の文字盤の上の時間の目盛りと時計の針の分針の秒針は皆18Kプラチナを採用して、6時、9時、12時数字の目盛りで、GMTマークと、中央GMTポインターは同様にダイダイ色のアルミニウムの材質を採用します。GMTは24時間回転して行きとがなくて、ただ便を閉じ込めて第2の科挙試験に合格する3時区の時間を読み取ることができるのを表しを回さだけなければなりません。