六甲山頂近くにある神戸市灘区の市立六甲山小学校(児童43人)で23日、薪(まき)ストーブの「火入れ式」があった。二十四節気のひとつ、霜降(そうこう)の日にあわせた恒例行事。学校は標高795メートルにあり、午前7時の気温は13度。平地より5度ほど低く、一足早く冬支度を始めた。 4~6年生が木の棒と板とをこすり合わせて火をおこし、火種をわらの束に移して玄関ホールにあるストーブに点火した。火がつくと、式に参加した児童や併設幼稚園の園児らから「あったかーい」と歓声があがった。(鷲田智憲)