学校の文化祭でジェットコースターを手作りする高校が増えている。北海道から沖縄まで、100校以上に広がっているという。何が生徒たちを引きつけているのか。 7月、秋田県立大館鳳鳴高の文化祭。3年H組の教室内に木製のコースターがお目見えした。動力は無く、下り坂を利用して動く。壁を黒いビニールで覆い、東京ディズニーランドの「スペースマウンテン」をイメージした。発案したのは3年H組の片岡将真さん(17)。昨年の文化祭でも提案したが、「危険だ」と指摘を受け断念。企画を練り直して実現した。「試運転で成功したときには思わず涙が出ちゃって。クラスみんなで何かを作り上げるのは本当に楽しかった」と片岡さん。文化祭の最優秀企画にも選ばれた。 私立愛知高校(名古屋市千種区)が9月の文化祭で作ったコースターは本格派だ。コース全長は約60メートル。木材の骨組みの上に金属製のレールを載せ、予算は約35万円に上る。 2年6組担任の小崎邦夫さん(56)が2000年と01年に文化祭でコースターを作り、その映像を見た生徒たちが「やりたい」と沸き立った。 工具の使い方を覚えるところか…