発売から60年目を迎えたスナック菓子「ベビースターラーメン」を手がけるおやつカンパニー久居工場(津市)の隣接地に来年7月、屋内型テーマパーク「おやつタウン」がオープンする。「食べて楽しむ」から、「体験して楽しむ」ベビースターへ――。ロングセラーのブランド力を生かし、「コト消費」の拡大に挑む。 伊勢自動車道の久居インターチェンジから車で約5分。テーマパークは、丘陵地にある久居工場の南側で計画されている。「20年くらい前からの夢でした」。創業2代目の松田好旦さん(70)が顔をほころばす。社長から会長に退いたのを機に、構想を加速させた。 自ら面接して採用した社員は、有名テーマパークのマネジメント経験者、元銀行員など多士済々だ。常務の嶋田亘克さん(43)はオリエンタルランドでディズニーシーの立ち上げに関わった。「地元に愛され、もう一度行きたいと思ってもらえるような仕掛けを考えている」と自信をのぞかせる。 タウンの目玉の一つが、自分だけのオリジナルベビースター作りを楽しめるコーナーだ。ベビースターは元々、即席麺の製造過程で出たかけらを、従業員が「もったいない」と塩やしょうゆなどで味付けして油で揚げて生まれた。その原点に立ち返れる体験をしてもらいたいという。作り方は薄味のベビースターを様々な調味液に浸し、オーブンで乾かすだけ。甘いものからおつまみまで、色々な味が作れる。嶋田さんは「一度試したら、癖になりますよ」。 ベビースターを食材に、プロが料理を作ったらどうなるか。そんなコンセプトで作るフードコーナーも特徴だ。フレンチのシェフが監修したコロッケや、ミニカップ麺「ブタメン」の風味を再現した本格ラーメンなどがメニューの候補に挙がる。ピザやうどんのメニュー開発のため、松田さんも自らイタリアや香川に足を運んだ。 ターゲット層は小学生の子どもがいる家族で、国内最大級のアスレチックも併設。これまでは主に社会見学向けだった工場見学もセットで楽しめるようになる。総工費は約25億円。年間40万人の来場を見込む。「遊びや体験を通じ、子どもの成長を感じられたり、家族や友人の距離を縮めたりできる場所にしたい」と嶋田さん。 テーマパークはおやつカンパニーとは別の会社で運営する。前身の松田食品時代にゴルフ場事業に乗り出したが、どっちつかずになった苦い経験があるからだ。資本を切り離した以上、単体で利益を出さなければならない。開業に向けて準備は急ピッチで進むが、入場料設定など決まっていないことも多い。だが、会社を先代から継いで40年で売り上げを7倍まで伸ばした松田さんは自信満々だ。 「こんなに力を注いで失敗するはずがない。ベビースターをより身近に感じてもらえれば、さらなる『モノ消費』にもつながっていくはず」と先を見据えている。(甲斐江里子) おやつタウン(津市) 菓子メーカーのおやつカンパニー(津市)の松田好旦会長が2015年9月に設立。おやつカンパニーと資本関係はなく、ベビースターやベビースターのキャラクター「ホシオくん」などのライセンス契約を結ぶ。理念は「たっぷりたのしい夢と幸せの提供」。