宮崎県延岡市の鉾岳(ほこだけ)中腹にある巨大な通称「パックン岩」が、画像投稿サイトなどで話題を呼び、人気の観光スポットになっている。 パックン岩は、直径7メートルほどの丸い岩。宮崎、大分両県にまたがる「祖母(そぼ)・傾(かたむき)・大崩(おおくえ)ユネスコエコパーク」内にある。同市北方町の鹿川キャンプ場から登山道を1時間ほど歩いた花崗岩(かこうがん)のスラブ(一枚岩)の谷間にある。一帯は昨年6月にエコパークに登録され、登山客らが訪れている。 包丁でスパッと切断されたような下部が口を開いたようにも見えることから名付けられたという。人気ゲームソフト「パックマン」のキャラクターにも似ていることから「パックマン岩」とも呼ばれているという。 地域活性化や里山保全などに取…