農業も漁業もコンビニも、そして高品質を誇る「メイド・イン・ジャパン」も、外国人労働者抜きで回らない時代になった。「外国人頼み」が強まる国内の働く現場を追った。 「造船の島」として知られる広島県尾道市の因島(いんのしま)。 「彼らぬきで、ものづくりはもう考えられない」 島の南部で、船の床板などをつくる村上造船所の村上善彦社長(59)は話す。 工場では、日本人従業員と一緒にタイ人の技能実習生7人が白い火花を散らし、溶接作業に汗を流す。 高齢で引退した熟練工に代わり、頼ったのが「日本で技能を学んで母国で生かす」名目で来日した実習生だった。品質の低下を心配したが、つきっきりで指導するとみるみる腕を上げた。 実習生の給与は1年目が最低賃金と同額。2年目から上乗せする。月給は残業代を合わせ15万円ほど。宿舎として2棟の一軒家を用意し、家賃は光熱費込みで、ひとり1万6千円。中韓との価格競争を考えれば、日本人より人件費が安い実習生は欠かせない。 指導する側の日本人従業員の大半は50歳を超えた。きつい作業をいつまで続けられるか分からない。安倍政権が打ち出した新たな在留資格ができれば「外国人頼み」は強まる。村上社長は「外国人労働者だけで生産できるようにしたい」と本気で考えている。 「いらっしゃいませー」 人通りの消えた深夜3時。東京都心のコンビニに入ると、店の奥から声がかかった。バイトをしていたのはウズベキスタン出身のベクさん(22)。都内の日本語学校に通う留学生だ。この日の夜は、同じ国出身の留学生と2人で店を任されていた。 週3回、夜10時から休憩1時間をはさんで朝8時まで。接客も流暢(りゅうちょう)な日本語でこなす。昨年4月に来日し、「バイトを始めて1年以上。もう難しくありません」という。 バイトを終えると学校で昼まで学ぶ。学費や家賃は月約13万円のバイト代でまかなう。「東京は時給が高い。だから来た。親にはお金を出してもらえないから」。将来は母国の大学を出て、日本と関わりがある会社への就職をめざす。 日本語学校や専門学校で学ぶ留学生の多くは、法定の週28時間以内でバイトをしながら学校に通う。都市部では「コンビニ、居酒屋、弁当工場、清掃」が4大職種といわれる。「出稼ぎ」感覚の学生もいるのが実態だ。 いまセブン―イレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ大手3社だけで、外国人店員は約5万2千人。各社の全従業員の5~8%にあたる。「東京都心に限ると3割を超える」(ローソン)という。(久保田一道、高野遼) 鹿児島・沖永良部島。9月中旬、サトウキビ畑の隣ではソリダゴが小さな黄色い花をつけていた。ベトナム人実習生数人がお彼岸用に仕分けをしていた。 約1万4千人の島に、100人以上のベトナム人実習生がいるという。パートや農業ボランティアなどの募集に人が来なくなり、15年ほど前から受け入れ始めた。 取材に応じてくれた農家の男性…