LVMHグループ投資時計育成訓練建学校
贅沢な時計の市場が苦しい立場に直面する時、転じてLVMHグループはこの業界に投資して、更に適切に言うのが時計に投資して領域を育成訓練するのです。

LVMHグループは所属のタイ格HOYA(TAGHeuer)と本当の力の時(Zenith)の2の大きい腕時計のブランドを宣言してと、及其優秀技術学院(InstitutdesMトtiersd’ExcELLEnce)は協力して、1つの時計学校を創建します。優秀技術学院は2014年に創建して、その目的は贅沢品の手工芸を広めるのにあります。

グループは声明中で指摘して、この間LVMH時計学校はグループ時計部門の総裁Jean―ClaudeBiverとLVMHグループのヒューマンリソースの総監督ChantalGaemperleのが下へ推進するに創立したのです。

第1期の養成訓練班は12人の時計の見習いを全部で、彼らはすでに到着してスイスの拉紹徳と閉じるタイ格HOYAの工場に位置して、彼らは学びをブランドのの“ハーフバックと創造精神”に掌握します。それ以外に彼らはまた(まだ)真力時工場に向かって、学習の“時計の伝統と手工芸の伝統”を理解します。

養成期間で、見習いはまた(まだ)優秀技術学院の催すグループ所属のその他の会社の組織する高級の専門の課程からに参加するでしょう。